植物性乳酸菌はサプリで

植物性乳酸菌が手軽に摂れるサプリが人気です

私が今話題の植物性乳酸菌に出会ったのは、子供が乳製品のアレルギーが有りヨーグルトやチーズなどを食べられなかったためです。乳アレルギーであっても食べられる食品で乳酸菌が多く含まれるものを探して見つけたのが植物由来のものでした。

 

植物性乳酸菌は、ぬか漬け、お漬物や発酵食品に多く含まれ昔から日本人には馴染みの深いものだったのですね。しかし、実際に摂ろうと思うと現在の食生活では難しくサプリで効率的に摂ることにしました。

 

イチオシの「植物性乳酸菌サプリ」はこれ

 

カゴメの植物性乳酸菌ラブレ・カプセルタイプ

 

カゴメの植物性乳酸菌ラブレ

京漬物「すぐき」から発見されたラブレ菌は、植物由来のなかでも特に人気があります。ラブレはカゴメの乳飲料の製品が広く普及していますが、毎日飲むとなるとヨーグルトと同じでカロリーが気になるためカプセルタイプがお勧めです。

アレルゲン:大豆

 

カゴメのラブレ>>

 

菊正宗「米のしずく」酒蔵の乳酸菌

 

米のしずく

お酒造りで培った発酵技術でお米と乳酸菌で作られています。アミノ酸とペプチドがたっぷり含まれているので敏感や乾燥が気になる方に特にお勧めです。アレルゲンフリーでお子さんからお年寄りまで安心です。ドリンクタイプとヨーグルト風味のタブレットが有り好みで選べます。

アレルゲン:なし

 

選べるタブレットorドリンク♪《菊正宗酒造 米のしずく》>>

 

フジッコの善玉菌の力・カスピ海ヨーグルト

 

フジッコの善玉菌の力・カスピ海ヨーグルト

朝スッキリしたいのならカスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌を使ったフジッコの善玉菌の力がお勧め!低カロリーでホタテ由来のカルシウムも配合されているサプリだからダイエット中の女性にも嬉しいですね。

 

原材料:還元水あめ、クレモリス菌FC株、デキストリン、貝カルシウム、ショ糖脂肪酸エステル、豚ゼラチン(被包材)
アレルゲン:大豆

 

フジッコの善玉菌の力>>

 

花菜の選べる乳酸菌

 

花菜の選べる乳酸菌

美容と健康が気になる女性には花菜の選べる乳酸菌がお勧めです。

長野で古くから伝わる「すんき漬」から発見された植物性ナノ型乳酸菌と胞子乳酸菌ラクリス、ビフィズス菌、ファカリス菌EC-12、植物性ラブレ菌、ケフィア菌など圧倒的な量と種類を摂れる2種類のサプリを交互に飲む新しいタイプの製品です。

 

花菜(はんな)の選べる乳酸菌>>

 

乳酸菌がたっぷり入った青汁

 

世田谷食品から発売されているラクトパチルス・カゼイ菌が100億個も入った青汁で、野菜の栄養と植物性乳酸菌が同時に摂れるのが魅力で、味もとても飲みやすく子供が飲みやすいのが嬉しいです。

 

原材料:大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン(食物繊維)、抹茶、クマザサ粉末、植物性乳酸菌、デキストリン、プルラン

 

 

もともとは子供用に探したサプリですが、今では大人の方が夢中です。色々と試した中でお気に入りの製品を紹介するので自分に合う菌探しにお役立てください。
植物性でも乳製品を含む製品も多いのでアレルギーがある方は注意が必要です。

 

 

 

そもそも乳酸菌とは何か

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る菌の総称で自然界にも沢山あるものなので、空気中や人間の身体の表面にも生息しているのです。
そのの中でも植物性のものは様々な植物に生息し、含まれているブドウ糖などを栄養にして発酵する事により発酵食品などを作り上げているのです。植物性乳酸菌は、とても生命力が強いので生きて腸まで届くと言われているのです。

 

動物性に比べて、様々な微生物と共存できる、塩分が高濃度でも生息できる、栄養が豊富で無い所でも生息できるなどの特徴があります。
植物性は動物性に比べて10倍の種類があるともいわれているのです。

 

植物由来の乳酸菌を摂ることで腸内の善玉菌が活性化して増殖する事が分かっています。しかも胃酸や胆汁に負けない生命力で生きたまま身体に行き届くのでとても健康には有り難い菌なのです。
植物性乳酸菌を多く含む食品と言えば、

  • 漬物
  • ぬか漬け
  • キムチ

などが挙げられます。どれも、昔の人が作って来て現代でも受け継がれているものですが、昔の人は乳酸菌の事は知らなかったと思いますが自然に体にいい食材である事を分かっていたのですね。

 

また、味噌や醤油などのも含まれています。大豆や小麦、米などを原料にしているのですが、これらの調味料を作るのに微生物が発酵させることで美味しく出来上がります。

 

オススメの摂取方法

乳酸菌が腸に働くことは今や有名ですよね。善玉菌を増やし、腸内環境を整理したり、朝のスッキリとか……たくさんの嬉しい声が聞かれます。
そんな乳酸菌ですが、詳しい摂り方についてはあまりご存じない人も多いんじゃないでしょうか?食品もサプリも正しい食べるとより高い働きを期待することができるんですよ。

 

摂るタイミング

摂取のタイミングは食後がおすすめです。乳酸菌は胃酸に弱いとされているので、胃酸の影響が弱まる食後に採るのが効果的です。また取る時間帯については、夜が良いとされています。特に寝る直前が理想的です。人間は睡眠時に身体の調整を行っているのですが、乳酸菌はその調整効果を高めてくれるからです。

 

摂り方のポイント

菌には、実はいくつか種類があります。そして摂取の際は、単一の食品からだけを取るのではなく、複数の種類を同時に取るとより効果が高まることがわかっています。なので、働きを高めたい場合は、異種類を組み合わせて食べるのがおすすめですね。
また摂取の際、最も重要とされていることは、毎日継続することです。実は善玉菌は数が少ないうえに、いつまでも腸内に留まることはできません。そのため続けて働き続けるには、サプリを含め毎日の摂取により善玉菌を減らさないようにしなければならないのです。

 

摂り方次第で、より優れた働きをしてくれますので、食品とサプリメントを組み合わせも試してみてはいかがでしょうか。

 

日本人の体に合う植物性乳酸菌で腸内環境を整えましょう。

乳酸菌というと動物性のものばかりと思いがちですが、実は植物性のものもあります。例えば味噌や醤油やお漬物、これら発酵食品には植物由来の菌がいっぱい含まれているのです。しかもこれらは長年の間、日本人の食生活には欠かせないものでしたから、日本人の体にぴったり合う菌といえそうです。

 

しかも植物性乳酸菌は過酷な環境でも生き抜く力が強いというメリットがあります。酸やアルカリにも強いという特徴があるので、私たちの体の腸にまでもしっかりと達することができます。そして腸の中でいろいろな良い働きをしてくれるのです。

 

ではどんな働きをするのでしょうか。大きな働きとしては腸内環境を整えてくれるというものがあります。大腸の中の悪玉菌を減らし、逆に善玉菌が優勢になるよう働きかけてくれます。そうすると、体の中の良くないものや毒素を排泄出来るので健康的になり、さらにはアンチエイジングにも効果か出てくるのです。それで植物性乳酸菌は美容にも欠かせないものといえるでしょう。

 

このような植物性乳酸菌のメリットを考えると、積極的に発酵食品をとっていきたいものです。その意味でも昔ながらの和食は本当に良いものです。味噌や醤油を使ったお料理、ぬか漬けなどのお漬物を食べるようにしながら、腸内環境を整えていきましょう。

 

 

更新履歴